HANAFUSA おいしい進化は糀から 【しょうゆの花房】Topへ戻る

花房商店について

花房は、伝統ある和風文化と現代の新しい感性を調和させ、醤油を通して食文化の創造を目指しています。

7代目当主である花房靖裕が軸の蔵人数名の小さな蔵です。
国産の原材料にのこだわり。
お客様が安心して口にしていただけるものづくりに努めています。

日本海を臨む竹野町で、170年以上の歳月を糀とともに歩み、蔵人たちの知恵と工夫で守られてきた醸造の技術と、自然と共生することで培われた発酵食の文化を、より身近に感じてもらえるよう努め継承していくこと。
それが私たちの役目だと思っています。

社会貢献活動

HANAFUSAでは、楽しくおいしく、糀をもっと身近に感じてもらいたいという気持ちから、味噌作り教室や糀や味噌・醤油を使った料理講座、工場見学などを不定期で行っています。
近隣幼稚園や小学校での味噌作り体験や親子料理教室など、ご希望の場所まで出張する講座も承っております。(詳しくはお問い合わせください)
各種料理教室や工場見学の予定は、Facebookページ等のお知らせを御覧ください。

花房商店 しょうゆの花房


会社概要

  • 会社名
    有限会社 花房商店
    代表者
    代表取締役 花房 靖裕
    所在地
    〒669-6201 兵庫県豊岡市竹野町竹野375
    連絡先
    TEL:0796-47-0003
    FAX:0796-47-0004
    E-mail:お問い合わせフォームへ
  • 工場

    二年かけてつくるこだわりのさしみ醤油は、糀作りが最も大切です。さらに品質のよい醤油を作るため、平成6年秋に完成した工場では、機械制御による安定した糀の品質保持が可能となりました。

  • しょうゆ花房ロゴ

    このロゴマークは、大地を表わす半月の上に筆文字で『花房』をあしらった、さりげないデザインです。 茶道における飾らず、たくまず、てらわず、おもねらずして、ありのままの姿…作為のないところ…つまり無為に美が宿るという考えに基づくものです。美と味の違いはあるものの、しょうゆづくりもまた同じといえます。