HANAFUSA おいしい進化は糀から 【しょうゆの花房】Topへ戻る

コンセプト

歴史ある食文化をより身近に感じてもらいたい。

天保十二年より「かうじや(糀屋)」を、のちに醤油・味噌の醸造も手がけてきた花房は蔵人数名の小さな蔵です。

知恵と工夫で守ってきた醸造技術と安全安心な国産の原材料へのこだわりを大切にし、今日まで170余年を糀とともに歩んできました。

近年、発酵食品が見直される中、初心に帰り糀と向きあうことで私たちが見つけたのは、日本の発酵食の過去から未来へと繋がる息吹と、山陰の自然と共生することで培われてきた歴史ある食文化をより身近に感じてもらいたいという思いでした。

そして生まれたのがこの[HANAFUSA]ブランドです。

100%天然の海水でできたミネラル満点の塩

誕生の塩とは

兵庫県豊岡市にある竹野町では、古くは室町時代や江戸時代に塩を作っていた記録があり、現在では「誕生の塩工房」があります。

原料になる海水を透明度が7m以上ある時に汲み上げ、釜炊きにする昔ながらの製法で作られており、にがり成分やミネラルを豊富に含んでいます。

「誕生」と名がつくのは、取水する場所の地名から。

「HANAFUSA」では日本海の恵みを味わってもらうため、この塩を使っています。

米糀の原料はコウノトリを育む田んぼのお米

コウノトリ育むお米とは

日本で野生のコウノトリが最後まで生息していた兵庫県豊岡市。

生態系に配慮し減農薬で管理された田んぼには、様々な生き物が宿り『コウノトリ育むお米』が作られています。

HANAFUSAでは、この取り組みに共感し、その恩恵を原料として生かすことで体にも良く環境の保全にも繋がるものづくりを目指しています。

糀について

米・麦・豆などを蒸し、種糀と呼ばれる菌をつけ、発酵させたものを糀(麹)と呼びます。

米で作る糀には米に花が咲いたような状態になるため、「糀」という日本だけで使われる漢字も誕生しました。おなじみの味噌や醤油だけでなく、日本酒・甘酒・味醂・焼酎など、日本古来の食品・調味料の基となり、微生物の中でも酵素の生産量が高いことから「酵素の宝庫」とも呼ばれています。

糀の効能についてはこちら

生産地のご紹介

竹野について

兵庫県の最北端、日本海を臨む山陰海岸国立公園および山陰海岸ジオパーク内に位置し、海と山に囲まれた自然豊かなまちです。海は透明度が高く、環境省の「快水浴場百選」や「日本の渚100選」などに選ばれた関西を代表する海水浴場である竹野浜海岸があり、夏は50万人の海水浴客でにぎわいます。海では様々な種類の魚介が水揚げされ、夏はイカの活造り、冬には松葉ガニが楽しめ、素朴な味が自慢の田舎そばや栃もちなどの昔から伝わる郷土料理も堪能していただけます。

ジオパークとは

科学的に貴重で美しい地質遺産を含む自然公園のことで、地質や地形が物語る地球の歴史だけでなく、人の暮らしや文化に結びつく営みをひとつの遺産として学び、楽しむことを目的とします。世界ジオパークに認定された「山陰海岸ジオパーク」は鳥取県鳥取市の白兎海岸から、京都府京丹後市の経ヶ岬までの東西110kmの範囲で、竹野もその一部となっており、たくさんのジオサイトが点在しています。